熊本でインプラントトップ > 説明 > あせらずに。

あせらずに。



午後の患者さん。1年ぶりに来院された。外国の方。海外で交通事故にあわれ、前歯がぐらつくとのこと。レントゲンを撮り、診断すると・・・右上1歯根ハセツの疑い。右上2歯根ハセツもしくは脱臼か。日本人であるご主人にも来院していただいた。そして奥様の歯の現状、治療法、これからおこりうること、メリットデメリットをそれぞれ説明した。「じゃあすぐにでも抜いてインプラントにしてください。」とご主人。彼はアクアデンタルでインプラント治療を受けているのでその良さを十分ご存知だ。

「ちょっと待ってください。家に帰ってご家族で十分検討してからでも遅くありません。」次回またご説明しますので、疑問点があればそのとき教えてください。ご一緒にしっかり考えましょう。」と、伝えた。奥様は少し安心したようだった。


| 説明
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。