熊本でインプラントトップ > インプラントを含めた全体治療 > インプラントを用いて歯周病をくい止める

インプラントを用いて歯周病をくい止める

20090722161018AA.JPG20090722DSC02538.JPG

転勤なさるそうだ。

重度歯周病、審美障害、咬合不良などが重なり難症例だった。
歯周基本治療に始まり、歯内療法、顎位の設定、歯列矯正、インプラント、審美補綴。
あらゆるテクニックと知識を駆使して向かわなければならない。予算も限られている。

何とか落ち着いている。ずっと経過を見守っていけると思っていた。
突然決まって申し訳なさそうだった。ほかの事よりもアクアデンタルに通えないのがつらいとおっしゃった。今までのお互いの苦労が駆け巡った。
担当衛生士のUさんが目を赤くしていた。無理もない、いろいろな思いが重なったのだろう。
あとで教えてくれたが、新人だった頃担当し、逆に励まされていたそうだ。

最後に写真を撮りブログに乗せていいか訪ねた。快諾してくれた。


タグ:歯周病
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。