熊本でインプラントトップ > 手術の実際 > インプラント手術。今日は難症例。

インプラント手術。今日は難症例。

DSC02640.JPG

3次元CTを撮影していたので、難しいケースであることは判っていた。4本埋入の予定だった。

DSC02637.JPG

CTで距離を測り正確にドリルを止める。緻密な硬い骨にタッチさせて止める。慣れてくると手指の感覚で判るが、それでも前もって計測しておく。リッジエクスパンジョンテクニックといって、頂上の薄い骨幅を適切に広げる。最後にインプラントボディを少しだけ食い込ませて終了。

DSC02638.JPG

こちらは、ボーンエクスパンダーを使って狭い骨を広げているところ。

最大限の治療結果を引き出すためにいろいろなテクニックを使う。オプションは多いほど良い。

それにしても疲れた。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。