熊本でインプラントトップ > リスクと安全性 > 安全なインプラント希望

安全なインプラント希望

DSC02649.JPGDSC02648.JPGDSC02647.JPG

この患者さん、他の歯科医院で骨が足りないからインプラントはできないといわれたそうだ。
3次元CTを撮影して下顎のリスク部位をチェックした。下顎管(神経や血管が走行している管)がはっきり写っている。枝分かれさえ見える。

鮮明なCT画像があれば、患者さんも術者も安心だ。

私が歯科医としてインプラントに取り組み始めた10年以上前のCT画像は今とは比較にならない。アーチファクト(金属による画像の乱れ)は見られるし、何よりスライス幅が広すぎて荒い画像で診断しなければならなかった。X線技師によっても写真のできにばらつきがあった。

その後コンピューターの発達に伴い、横河がシムプラントを開発した。それでも鮮明さはもうひとつだった。下顎管が特定できないことさえあった。

科学技術の発達は医療の現場に安心と安全をもたらしてくれる。安全がお金で買えると言い換えてもいいだろう。設備投資とはそういうことだ。


タグ:下歯槽神経
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。