熊本でインプラントトップ > リスクと安全性 > 右下4番を安全に埋入する

右下4番を安全に埋入する

DSC02876.JPG

右下4番にインプラント埋入計画をした。
下顎の臼歯部は下顎管の位置をできるだけ性格に把握しなければならない。
そこには太い血管と神経が走行しているからだ。

いつもどおりCTを撮影すると、くっきりと下顎管が写った。オトガイ孔より前方に太目の切歯管もある。
前方ループのことのみがしばしば問題視されるが、私がCTを撮り始めて感じたことは、オトガイ孔前方の切歯管にも十分な注意が必要だということだ。

幸い低位を走行しているので、オトガイ孔前方にインプラントを振って埋入。
一回法だが、なるべく審美生を確保するため歯肉形成手術も同時に行う。
DSC02877.JPG


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。