熊本でインプラントトップ > 前準備 > 手術前のCTデータの応用

手術前のCTデータの応用

DSC02985.JPG

上あごの模型。

CTデータをメールでマテリアライズという会社に送るとこのような樹脂の模型が送ってくる。

われわれ歯科医は粘膜を剥ぐことなく、事前に患者さんの骨の形を正確に把握することができる。

不安ならば、前もってドリリング(穴を開けること)してみても良いだろう。

一発勝負よりも精度は高まるはずだ。

今日はマテリアライズの社長が尋ねてきてくれた。この方とは10年以上前、まだ横河ブリッジの一部門で社内ベンチャーを立ち上げたころからの付き合いだ。歯科のCT画像応用の第一人者だ。

科学はどんどん進歩してゆく。われわれはそれを患者さんの健康と安全のために使いこなさなくてはならない。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。