熊本でインプラントトップ > 治療計画 > 抜歯した穴を上手く利用する

抜歯した穴を上手く利用する

DSC03004.JPG

3年前にお口全体を介入治療したケース。できれば歯は抜かないほうがいいので、なんとか3年もたせた歯だったが、やむなく抜歯となった。

抜歯後2週間目の状態。入れ歯かインプラントか迷われていたが、インプラントに決定。CTを撮った。

幸いにも、3本の根のうちのひとつが、上顎洞にくい込んでいて、自然とソケットリフト状態になっていた。

あまり日をおかずにインプラントすれば、かなりいい状態が見込めそうだ。

CTを導入して診断の精度が確実にあがった。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。