熊本でインプラントトップ > 治療計画 > インプラントという治療手段

インプラントという治療手段

DSC03281.JPG

歯周病治療の患者さん。
初めは、とても緊張されていて、信頼関係を築くのが大変だった。
歯科医院が怖いのかもしれないし、歯科医院でいやな経験があるのかもしれない。
こちらの態度しだいでは、緊張を解いてもらえないこともある。デンタルヒストリー(治療歴)を
聞き出しつつメンタル面を把握していく。

女性なので、特に見た目に十分配慮しつつ、まずは痛くないように、そして噛めるように、しゃべりにくくないように少しずつじっくりと治療していく。

なにかひとつでも治療効果を実感していただければ、少し道が開ける。信用してもらえるかもしれないのだ。

重度歯周病の治療は、残せる歯と残せない歯、そして条件次第で残せるかもしれない歯を見極めることに始まる。ホープレス(残せない)歯は、早めに抜歯して、噛みあわせを確保するため入れ歯を作る。

ある程度、治療が進んだところで、患者さんから提案が出た。
「インプラントを最小限に応用してもらえないだろうか」ということだった。

治療計画に修正を加えつつベターな結果をめざす。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。