熊本でインプラントトップ > 治療計画 > 今ある歯を出来るだけ残し、少ないインプラントで最大限の効果を

今ある歯を出来るだけ残し、少ないインプラントで最大限の効果を

R11.jpgR12.jpg

インプラントを使って固定式の治療が御希望だった。取り外しの入れ歯がどうしてもだめなようだった。
そのためには、クリアしなければならない高いハードルがあった。

ひとつは今ある歯をすべて残すこと、もうひとつは薄い骨に最小限のインプラントを応用することだった。

歯周病の治療や根管治療をしっかり施しなんとか残してはみたものの、いつまで持つのか保障は出来なかった。

R42.jpgR32.jpg

もうひとつの問題点は、幅3ミリの骨に直径3.7ミリのインプラントを如何に埋入するのか?ということだった。スプリットクレストという手法を用いた。骨を縦に切り骨幅を外に押し広げる方法だ。比較的骨の柔らかい上顎の場合はやりやすい。しかし下顎の骨は硬い場合が多く広げるのも苦労をした。今でこそエキスパンダーというそれ専用の器具も各種販売されているが、当時はそれ用の器具も無く、いろいろな工夫が必要だった。
インプラントにそって骨に切れ目を入れ、故意に骨折させて広げた。勿論骨の再生のための場を血液供給を十分に考慮しなければならない。

P2.jpg

約5年後の今日の状態。上顎は御自分の6本の歯で何とか持ちこたえている。下はスプリットクレストを施した3本のインプラントで支えている。

費用をかければそれなりに長期間もたせることは可能だ。
最近は残せる歯まで安易に抜歯をしてインプラントを勧める歯科医もいると聞く。
歯を出来るだけ抜かずに残す。残すために必要ならばインプラントをする。
少ない介入で大きな効果を出せるように努力したい。
そのためには、インプラントの技術だけではだめで、歯周病、根管治療、かみ合わせなどをトータルに治療技術として駆使しなければならない。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。