熊本でインプラントトップ > 手術の実際 > 前歯のインプラント〜審美的配慮〜

前歯のインプラント〜審美的配慮〜

DSC03396.JPG

前歯のインプラント希望の患者さん。
一歯欠損の場合、両隣の歯を削らずに済むことは大きなメリットとなる。
やはりインプラントが第一選択となる。

インプラントに安全を重視するなら直接目で見るため、それなりに歯茎を剥ぐ。
しかし、組織に対する浸傷が増えるため、腫れや痛みの原因になりやすい。

患者さんは、術直前に腫れることを気にしだした。
腫れないことを重要視するならば、パンチアウト(穴を開け)してフラップレス(歯茎をめくらずに)でやればよい。しかしこのケースでは審美性のため歯茎のボリュームを落とすことは避けたい。
したがって、最小の浸傷で審美性も確保するように努めた。

今日傷を診せに来られたが、痛くもないしまったく腫れなかったらしい。

R2.jpg

安心安全機能性、さらに見た目も確保しなければならない。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。