熊本でインプラントトップ > 手術の実際 > ブリッジの支台(犬歯)がだめになったときのインプラント

ブリッジの支台(犬歯)がだめになったときのインプラント

3DSlice1_2010-08-11_15-40-09.JPG

ブリッジ支台の犬歯が腫れてのご来院。残せるものならなるべく抜きたくは無いが残念ながら抜歯となった。
そのまま、入れ歯、ブリッジ、インプラントの4通りの選択肢を説明した。インプラントをすることになったので一月ほど置いてCTを撮影した。
唇側の骨の欠損が著しい。シングルスタンドの予定なので十分な長さのものを埋入したい。

もう一月ほど置いてから手術となった。骨のもりあがりは少なめだった。唇側に骨が足りなかったのでGBRをして終了。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。