熊本でインプラントトップ > 手術の実際

骨の無い抜歯直後のインプラント埋入→骨再生


R3.jpg

歯根ハセツでやむなく抜歯直後。

R6.jpg

インプラント穴形成

R7.jpg

インプラント埋入

R15.jpg

骨を増やす材料を入れる。抜歯からここまで一回で終わります。約20分。
この後はインプラントが骨と結合し、骨が盛り上がってくるのを約4ヶ月待ちます。

R16.jpg

4ヵ月後。すっかり骨が出来上がってきています。
あとは上に歯を作って終了。

以前は抜歯の後数ヶ月待ってから、インプラントを埋めてさらに数ヶ月待って歯を入れていたので1年近くかかることもありましたが、
最近は期間が短縮されました。


骨が薄い部分にインプラントを埋めるテクニック、ソケットリフト

R16.jpg
久しぶりのブログ更新。


ソケットリフトというテクニックがある。上あごの臼歯部で骨が薄い場合に用いられる。

インプラント体を支持するのに有効なのは増骨した部分ではなく元からある既存骨だ。

したがってより強固な支持を得たいときは、埋入深度が重要となる。

インプラントメーカーによって、マシーンポリッシュのカラーの幅が異なるので

それに応じた埋入が必要だ。

抜歯即時同時埋入

3DSlice1_2011-01-29_16-31-19.JPG

抜歯してすぐにインプラントを埋入する計画を立てた。左上2の唇側の骨がとても薄い。
ほとんど無いかもしれないし、抜歯の衝撃で骨がなくなるかもしれない。

R3.jpg

骨を壊さないように慎重に抜いた。

R4.jpg

特殊な器具を用いてほとんど骨を削ることなく穴を形成する。押し広げるイメージだ。

R6.jpg

先端の2ミリで固定して隙間に増骨剤を詰め込む。

とても短時間で終了した。腫れも痛みもなさそうだ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。