熊本でインプラントトップ > 前準備
メニュー:前準備:目次

インプラントの前準備としての抜歯

左右の奥歯を重度歯周病で抜歯が必要な患者さん。
初診のときに残念ながら抜歯になることを伝え、その後はどのような処置になるのかを伝えた。始めからインプラント希望だったが、それでもブリッジ、入れ歯、インプラント、何もしない、のそれぞれのメリットデメリットを説明しもう一度考えてもらった。

勿論重度歯周病でも何とか残せるものならば抜きたくはない。だがこの場合は抜いた方が良いケースだった。

今日は左の奥歯を一本抜歯した。抜いた後は骨が盛り上がりやすいように骨の面をソウハして綺麗にすることが大切だ。骨を増やす手術を伴うだろうが、今のうちから体の自然治癒能力を最大限引き出したい。

最近は、一本の歯が抜歯になると、インプラントを希望される方が増えた。健康志向の高まりか。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。