熊本でインプラントトップ > よくある質問

インプラント手術は痛いですか?

よくある質問にお答えする。

インプラント手術は痛いですか?と聞かれることがある。
答えは「麻酔が効くのでいたくありません。」となる。

手術の流れはこうなる。
来院されると。まずお口の中を消毒清掃する。
次に、表面麻酔を塗り局所麻酔注射をする。
それから、滅菌体制にうつり、手術開始となる。
ここまで20分ぐらいかかる。

あとは、しっかり麻酔が効いているので痛みは感じない。
手術時間は1本あたり15分から20分。
複雑な操作をすれば10分ぐらい余計にかかる。

術中麻酔が醒めることもありえる。
そのときは麻酔注射を追加する。

では、術後はどうだろうか?
麻酔が切れ始めると少し痛むことがあるので、アクアデンタルではたいてい術直後に痛み止めを1錠飲んでいただく。すると、麻酔がきれる時にも痛まないですむ。
あとは、寝る前にもう1錠飲んでもらえば、夜中に痛みで目が醒めることもない。
つまり仮に痛んでも、痛み止めでコントロールできる範囲だということだ。

もしあなたが、下顎のインプラント手術を受けられたら、翌朝確認していただきたいことがある。それは、下歯槽神経が麻痺していないかだ。顎のあたりを左右爪で軽く引っかいてみてほしい。感覚がなかったら、すぐに担当医に連絡して、リカバリー処置をしてもらうことだ。

インプラントは何年もちますか?

よくある質問に、お答えします。

「インプラントはどのぐらいもちますか」「一生もちますか」と言った質問は多い。それなりのお金を投じるのだから、当然の疑問だ。

答えは「はっきりとは分からないが、おそらく一生もちます」だとおもう。最近のインプラントはオッセオインテグレーションタイプといって、骨と結合する。その歴史についてはこの記事を読んでもらいたい。

はっきりと分からないのは、不確定要素が多いためだ。
術者側の要因としては、以下の3点がある。
1、技術不足
2、治療計画が不適切
3、初めから適応ではなかった

患者側の要因としては
1、清掃不良(お手入れが悪い)
2、激しい力が加わった(歯ぎしり食いしばり)
などがある。

これがクリアできれば一生もつと思われる。
したがって、ある一定以上の技術を持つ歯科医を選んで、適切に計画してもらい、きちんとお手入れすればあまり心配は要らない。保険的な意味で保障についての確認は大切だ。永く保証してもらえる歯科を選びたい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。